溺れるナイフ「コウを追いかけて」のピアノ楽譜はどこで買える?

楽譜紹介_コウを追いかけて_タイトル

映画「溺れるナイフ」に使われている「コウを追いかけて」。ピアノの楽譜を買うなら「ぷりんと楽譜」がおすすめです。

市販されている「コウを追いかけて」の紙の楽譜は数種類ありますが、「ぷりんと楽譜」なら様々な難易度の「コウを追いかけて」の楽譜があるため、あなたにぴったりの楽譜が見つかるはずです。

この記事では「コウを追いかけて」のピアノ楽譜一覧と、どこで買えるか紹介しています。楽譜を手に入れて、「コウを追いかけて」の曲を弾けるように練習しましょう。

目次

溺れるナイフ:映画で使われている曲一覧

『映画溺れるナイフ』は、2016年11月5日に公開されたジョージ朝倉の同名のマンガを原作とした日本の映画です。

スクロールできます
タイトル映画「溺れるナイフ」
原作ジョージ朝倉
映画の曲主題歌:コミック・ジェネレイション(ドレスコーズ)
他:コウを追いかけて(坂本秀一)など

コウを追いかけてのピアノ楽譜を買える場所

「コウを追いかけて」は「映画溺れるナイフ」に使われています。「コウを追いかけて」の楽譜を手に入れるなら、Amazonなどで買える紙の楽譜と、電子楽譜サービスで買える楽譜があります。

「コウを追いかけて」の紙の楽譜で購入するには

「コウを追いかけて」の紙の楽譜は数種類販売されています。ピアノソロの楽譜の価格も高額で、中身も確認できないので、あまりおすすめできません。

上級レベルの楽譜かつ他にも演奏したい曲が収録されているなら「人気ピアノ定番曲20」が合っているかもしれません。

ぷりんと楽譜なら難易度別の楽譜「コウを追いかけて」が7種類

ヤマハが提供するオンライン楽譜サービス「ぷりんと楽譜」には、入門から上級まで難易度に応じた7種類の楽譜が販売されています。

  • 初級:1曲(見放題対象:1曲)
  • 中級:3曲(見放題対象:3曲)
  • 上級:3曲(見放題対象:2曲)

「コウを追いかけて」のほぼすべての楽譜は、楽譜が見放題になる定額プランの対象となっています。見放題プランは990円で楽譜2曲分の価格なので、他にも演奏したい曲があるなら、定額サービスを検討する価値があります。

ぷりんと楽譜は難易度別の楽譜があるのがメリット!あなたにぴったりの楽譜が見つかります。

\ 今なら1ヶ月無料でお試し /

映画「溺れるナイフ」を観るには

映画「溺れるナイフ」の映画は、動画配信サービスで観ることができます。AmazonのPrime VideoやU-NEXTは1カ月間無料なので、まずは試してみましょう。

スクロールできます
商品料金(月)特徴
Amazon Prime Video
Prime Video
491円~
今なら30日間無料体験
Amazonの配送料無料
Amazon Music Primeなども楽しめる
公式サイト:https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront

U-NEXT
2,189円
今なら31日間無料トライアル実施中
マッシュルの舞台化作品も見られる
毎月もらえるポイントで「溺れるナイフ」のマンガも購入できる
公式サイト:https://video.unext.jp/

U-NEXTなら毎月もらえるポイントで「溺れるナイフ」のマンガを月2冊購入できます。

まとめ:「映画溺れるナイフ」コウを追いかけてのピアノ楽譜購入は「ぷりんと楽譜」がおすすめ

楽譜紹介_コウを追いかけて_まとめ

「映画溺れるナイフ」で使われている「コウを追いかけて」のピアノ楽譜を手に入れるなら、ぷりんと楽譜がおすすめです。

オンライン楽譜サービスの「ぷりんと楽譜」なら、初級者から上級者まで7種類の「コウを追いかけて」の楽譜があるので、あなたに合ったレベルの楽譜が見つかります。

「コウを追いかけて」の紙の楽譜は数種類販売されていますが、あなたのレベルに合った楽譜か分からないので、おすすめできません。

ぷりんと楽譜なら、自宅やコンビニで楽譜を印刷するだけでなく、電子楽譜としても使えます。もし、iPadやAndroidタブレットを持っているなら、定額プランがおすすめ。今なら1カ月間無料で試せるので、あなたに合ったレベルの曲が選び放題です。

さっそく「コウを追いかけて」の練習を始めていきましょう。

\ 今なら1ヶ月無料でお試し /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ピアノ歴30年以上!
4歳からピアノを習い始め、会社に入って10年以上たった今もピアノ継続中。
2週間に1回レッスンに行っています。

ピアノは100歳になっても続けれらるので、私の一生の趣味になると思います。
このブログではピアノに関して、私の経験やおすすめ情報を紹介しています。

目次