電子楽譜のストレス解消!iPadでも使えるおすすめ譜めくりペダル

【タイトル】譜めくりペダルの選び方

譜めくりのタイミングで手が止まることありませんか?

毎回譜めくりの箇所がスムーズに弾けるようにならないし、集中力も落ちてしまいますよね。特に電子楽譜の場合、譜めくりの回数が紙の楽譜の2倍になるため、ストレスを感じる方も多いはずです。

「譜めくり部分をスムーズに弾けない」という問題を放置すれば、「同じところで止まる」を繰り返すことになります。

しかし、譜めくりペダルがあれば、譜めくりの心配はなくなります。譜めくりペダルを使えば、左足を使って楽譜の譜めくりができるので、スムーズに演奏が続けられます。

譜めくりペダルがべんりすぎて、僕は手放せなくなりました。

譜めくりペダルを使えばピアノの上達が早くなります。

「どの譜めくりペダルを選べばいいか分からない」という方も安心してください。この記事では、譜めくりペダルの選び方、対応アプリ、使い方を詳しく解説しています。

曲のレパートリーを増やせるように、譜めくりペダルで練習の質をアップさせましょう。

目次

電子楽譜に譜めくりペダルを使う理由

譜めくりペダルは電子楽譜と相性抜群

長い曲を演奏する場合、ピアノを弾きながらタイミングを見計らって楽譜のページをめくる必要があります。曲によっては譜めくりのタイミングが難しく、演奏に集中できなくなってしまいます。

この問題を解決するのが譜めくりペダルです。

電子楽譜の場合、楽譜を表示しているタブレットを手でタップすると次のページに進みます。一方、譜めくりペダルなら、楽譜の譜めくりを足で操作できるので、楽譜をめくるタイミングを考えるストレスから解放されます。

電子楽譜と紙の楽譜の譜めくりの違い

電子楽譜を利用している場合、譜めくりペダルはとても有用です。ピアノを弾きながら、足元で楽譜のページをめくることができ、演奏もスムーズに続けられます。

紙の楽譜と電子楽譜の譜めくりは次のような違いがあります。

スクロールできます
紙の楽譜電子楽譜
譜めくりの頻度2ページごと1ページごと
譜めくりのしやすさめくりにくいタップするだけ
紙の楽譜電子楽譜
譜めくりの
頻度
2ページごと1ページごと
譜めくりの
しやすさ
めくりにくいタップするだけ

初めて電子楽譜を使う場合、紙の楽譜と異なるページめくりのタイミングに戸惑った方も多いでしょう。でも、譜めくりペダルを使えば、手を使わずにページがめくれるので、ページめくりのタイミングに気を使う必要はありません。

譜めくりペダルを使えば、電子楽譜のメリットを最大限活用でき、演奏に集中できるようになります。

譜めくりペダルのメリットとデメリット

譜めくりペダルを使うと、楽譜の譜めくりを手ではなく、足で行うことができます。譜めくりペダルのメリットとデメリットは次のとおりです。

メリットデメリット
演奏を中断する必要がない。
譜めくりの失敗が少ない。
ピアノを弾くことに集中できる。
持ち運びが不便
定期的に充電が必要となる。
慣れるまでに時間がかかる。

電子楽譜のデメリットである「1ページごとに譜めくりが必要」を解消できるのが、譜めくりペダルの最大のメリットです。譜めくりペダルを使えば、電子楽譜のメリットを最大限に活かし、演奏の質を高めることができるでしょう。

人気の譜めくりペダル比較

譜めくりペダルの選び方

譜めくりペダルは様々なメーカーのものがあります。価格やペダルの形が異なるため、あなたに合った譜めくりペダルを選ぶことが重要です。

譜めくり用ペダル選びのポイント

譜めくりペダルを選ぶ際には次の点を考慮して選ぶことが必要です。

  • 価格
  • 使用時の操作性
  • 電子楽譜アプリとの互換性

同じ譜めくりペダルでも、形や性能が違います。あなたに合った譜めくりペダルを選べば、練習の質が上がり、譜めくりにストレスなく演奏できます。

【ペダル比較】LEKATO、iRig BlueTurn、Donner

譜めくりペダルは複数の種類が販売されていますが、Amazonで人気の高い3つの譜めくりペダルを比較しました。

スクロールできます
lekato-bluetooth-page-turner
LEKATO
IK-Multimedia-iRig-blueturn
iRig BlueTurn
donner-page turner
Donner
接続方法BluetoothBluetoothBluetooth
対応アプリPiascore
forScore
など
Piascore
iKlip Stage
など
Piascore
forScore
など
充電方法USB充電単4電池2USB充電
使用時間60時間以上50時間以上
デザインペダル型ボックス型ペダル型
その他対応アプリが多いバックライト付き対応アプリが多い
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

接続方法がBluetoothで多くの電子楽譜に対応しているのは同じですが、充電方法やデザインが違います。

ピアノ経験者は、ペダル型の方が踏みやすく感じるはずです。

LEKATOの譜めくりペダルをおすすめする理由

LEKATOの譜めくりペダルがおすすめ

多くの譜めくりペダルがありますが、私はLEKATOの譜めくりペダルを使っています。

LEKATOの譜めくりペダルを理由は次の3つです。

  • Piascoreやぷりんと楽譜で使える。
  • ピアノのペダルのように踏める。
  • コストパフォーマンスに優れている。

ぷりんと楽譜やPiascoreで使える

譜めくりペダルは多くの種類がありますが、LEKATOの譜めくりペダルは多くのアプリに対応しています。

私が普段利用している2つの電子楽譜アプリでも使えます。

  • ぷりんと楽譜:定額サービスで新しい曲を試すときに使う
  • Piascore:紙の楽譜を電子楽譜化して使う

LEKATOの譜めくりペダルはこの他にも、forScoreなど多くのアプリに対応しています。

せっかく譜めくりペダルを買っても、使っているアプリに対応していないのでは意味がありません。譜めくりペダルの購入に失敗しないように、普段使用している電子楽譜アプリに対応しているか、しっかりと確認しましょう。

譜めくりペダルがアプリに対応するか分からないのが、購入時の不安な点でしたが、私が普段しているアプリでは使えました。

もし、譜めくりペダルと電子楽譜のアプリの相性が悪い場合は、電子楽譜のアプリを変えるのも手です。

LEKATOの譜めくりペダルはコストパフォーマンスに優れている

LEKATOの譜めくりペダルのもう1つの重要な特徴は、そのコストパフォーマンスの高さです。

譜めくりペダルってべんりそうだけど、実際に使い続けられるか心配になりませんか?高いものだと2万円くらいする譜めくりペダルもあるので、購入に失敗したくありませんよね。

LEKATOの譜めくりペダルは5000円程度なので、コストパフォーマンスに優れています。初めて譜めくりペダルを使う方は、購入しやすい価格の譜めくりペダルがおすすめです。

LEKATOの譜めくりペダルのiPadへの接続方法

LEKATOの譜めくりペダルの設定方法

LEKATOの譜めくりペダルのiPadへの接続方法と使い方を紹介します。LEKATOの譜めくりペダルはiPadとBluetoothで接続できます。

LEKATOページターナーペダルをiPadと接続するための手順は以下の通りです。

STEP
LEKATOペダルの電源をONにする。
LEKATOの設定方法1
STEP
iPadのBluetooth設定を開き、LEKATOのMusic Pedalが表示されたら、選択する。
LEKATOの設定方法2
STEP
接続完了。Piascoreなどの電子楽譜アプリで、接続を確認する。
STEP
ピアノのペダルの横に設置する。
LEKATOの設定方法3

これで、iPad上の楽譜をLEKATOの譜めくりペダルで操作できるようになります。接続が完了すれば、演奏中にペダルを踏むことで楽譜のページをめくることができます。

まとめ:電子楽譜のデメリットをLEKATOの譜めくりペダルで解消

譜めくりペダルのまとめ

電子楽譜は多くの楽譜を持ち運べたり、気軽に楽譜に書き込みができたりと、たくさんのメリットがあります。

唯一のデメリットはタブレットの画面サイズに制限があるため、譜めくりの回数が増えてしまうことです。特に、演奏中に手を使ってページをめくることは難しいので、譜めくりの回数が増えるのがストレスに感じる方も多いでしょう。

しかし、譜めくりペダルペダルを使えば、このデメリットは一気に解決します。

譜めくりペダルは多くの種類がありますが、LEKATOの譜めくりペダルがおすすめです。その理由は次のとおりです。

  • Piascoreやぷりんと楽譜で使える。
  • ピアノのペダルのように踏める。
  • コストパフォーマンスに優れている。

LEKATOの譜めくりペダルを使えば、ピアノを練習に集中でき、演奏の質の向上に繋がります。譜めくりペダルを使えば、演奏がもっと楽しくなるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\「タブレット×アプリ」をチェック/

スクロールできます
ぷりんと楽譜電子楽譜カノンPiascoreforScoremobileSheets
対応
タブレット
iPad/AndroidiPadiPadiPadiPad/Android
楽譜
取り込み
8つまで無料
楽譜の購入27万曲以上8000曲以上
その他1曲購入可能
サブスクあり
(楽譜見放題)
1曲購入可能
サブスクあり
(お得に購入)
楽譜の購入できる
(楽譜販売も可能)
有料版のみAndroidで楽譜を取り込める数少ないアプリ
1カ月無料で試す1カ月無料で試す

この記事を書いた人

ピアノ歴30年以上!
4歳からピアノを習い始め、会社に入って10年以上たった今もピアノ継続中。
2週間に1回レッスンに行っています。

ピアノは100歳になっても続けれらるので、私の一生の趣味になると思います。
このブログではピアノに関して、私の経験やおすすめ情報を紹介しています。

目次