【初心者必見!電子楽譜の始め方】ピアノ楽譜の新スタイル入門

電子楽譜の始め方_タイトル

ピアノの紙の楽譜は、保管スペースをとるし、持ち運びは重くて大変ではありませんか?多くの曲に挑戦したいけれど、保管スペースや持ち運びを考えると、購入する楽譜を取捨選択しなければいけません。

しかし、電子楽譜を導入すると紙の楽譜の「保管スペース」と「持ち運び」の問題は解決します。

電子楽譜はタブレット1台で、どこでも好きなだけ楽譜を持ち歩けます。タブレットへの紙の楽譜を取り込みや、オンラインで購入した楽譜を閲覧できるので、紙の楽譜は必要ありません。

さらに、電子楽譜はメモがかんたんで、自動譜めくり機能もあるので練習効率もアップ。様々な曲に挑戦し、ピアノをもっと上達したい方に電子楽譜はピッタリです。

電子楽譜のべんりさに慣れると紙の楽譜に戻れません。

この記事では、電子楽譜の始め方から選び方、べんりなアクセサリまで、ピアノの演奏をもっと自由で楽しいものに変える方法を詳しく紹介します。今こそ、新しい演奏ライフをスタートさせましょう。

目次

電子楽譜を始める前に確認すること

電子楽譜の始め方_紙の楽譜と電子楽譜

ピアノの楽譜は紙の楽譜が多く使われてきました。しかし、本が電子書籍化されたように、楽譜も電子化されてきています。

電子楽譜はiPadなどのタブレットに楽譜を表示させ、紙の楽譜と同じように譜面台にタブレットを置いて演奏します。

電子楽譜と紙の楽譜の違い

電子楽譜と紙の楽譜の最大の違いは、持ち運びのべんりさと、機能性です。電子楽譜は、重い楽譜をたくさん持ち歩く必要がなく、1台のタブレットで多くの楽譜を管理できます。さらに、拡大表示や楽譜の検索機能など、紙の楽譜にない機能も多くあります。

電子楽譜のメリットとデメリット

電子楽譜のメリットとデメリットは次のとおりです。

メリットデメリット
大量の楽譜をタブレット1台で持ち運べる
紙の楽譜の電子化や、オンラインで楽譜が購入できる
メモ機能が使いやすく、練習の質がアップする
紙の楽譜より譜面が小さくなる
電子化されていない曲は、紙の楽譜から取り込みが必要
初期投資としてタブレットやアプリの購入費用がかかる

電子楽譜を使っている姿を想像しながら、電子楽譜があった方がいいか考えてみてください。

電子楽譜を始めるために必要なもの3選

電子楽譜を使ってピアノを演奏するには、次のものが必要です。

  • 楽譜を表示するためのタブレット
  • 電子楽譜専用のアプリ
  • 譜めくりペダルやタブレット用ペン(機能を最大限に使う場合)

必要なものは少ないですが、タブレットや電子楽譜のアプリは多くの種類があります。

特にタブレットは高価なのです。どのタブレットがいいか、よくチェックしてください。

電子楽譜に必須のタブレット

電子楽譜の始め方_タブレットの選び方

電子楽譜に必須なのがタブレットです。タブレットは様々な種類がありますが、電子楽譜として使えるタブレットは限られています。

電子楽譜に合ったタブレットの選び方や、主なタブレットである「iPad」と「Androidタブレット」の違いを紹介します。

電子楽譜に適したタブレットの選び方

電子楽譜を活用するためのタブレット選びでは、次のポイントを考慮することが重要です。

  • 画面サイズ:紙の楽譜と比較するとタブレットの画面は小さいです。少なくとも11インチ以上のサイズがないと、ストレスを感じてしまうでしょう。
  • 対応アプリ:電子楽譜には専用のアプリが必要です。しかし、タブレットによっては非対応のアプリがあります。
  • タッチペン対応:かんたんに書き込みや取り消せるのが、電子楽譜の魅力の1つです。タッチペンに対応したタブレットを選びましょう。

電子楽譜の利用を目的としたiPadとAndroidタブレットの比較

タブレットは大きく分けて「iPad」と「Androidタブレット」の2つがあります。それぞれの特徴は次のとおりです。

スクロールできます
iPadAndroidタブレット
使いやすさ
対応アプリ
タブレット性能
価格

予算に問題なければ、性能が高く、対応アプリも多いiPadがおすすめです。

どのタブレットを選べばいいか分からない方は、こちらの記事を参考にしてください。

電子楽譜のアプリの種類とおすすめアプリ

電子楽譜の始め方_アプリの選び方

電子楽譜を使用する際には、専用のアプリが必要です。

アプリの種類は大きく分けて2つです。

  • 自分が持っている紙の楽譜を電子化するアプリ
  • サブスクなど、オンライン上で楽譜を購入できるアプリ

iPadなら今回紹介するアプリはすべて対応していますが、Androidタブレットは一部対応していないアプリもあります。

紙の楽譜を電子化する方法

紙の楽譜を電子楽譜に変換することで、持ち運びや管理がかんたんになります。紙の楽譜はスキャンアプリでデジタル化し、専用アプリで閲覧できます。

iPadであればPiascoreというアプリが無料で使えます。しかし、AndroidはPiascoreに対応していません。Androidタブレットで紙の楽譜を電子化するためには有料のMobileSheetsというアプリを使いましょう。

Piascoreは使いやすさも優れているので、紙の楽譜を電子楽譜にしたいなら、Piascoreがおすすめです。電子楽譜のアプリについて、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

電子楽譜のサブスク対応アプリ

電子楽譜は紙の楽譜を電子化するだけではありません。オンラインで購入した楽譜をタブレットで表示し、電子楽譜化できます。

ヤマハが提供する「ぷりんと楽譜」は27万点以上の楽譜がそろっているオンライン楽譜提供サービスです。iPadだけでなく、Androidタブレットにも対応しています。

他にも「電子楽譜カノン」というオンライン楽譜サービスがあります。こちらはiPadのみ対応のみの対応です。

電子楽譜をさらに便利にするアクセサリ

電子楽譜の始め方_譜めくりペダルとタブレット用ペン

電子楽譜での演奏中の操作性や、練習効率のアップには「譜めくりペダル」や「タブレット用ペン」が有効です。これらのアクセサリを活用できれば、ピアノの上達スピードもアップするので、満足のいく練習ができます。

譜めくりペダル:電子楽譜のデメリットをカバー

電子楽譜の最大のデメリットは譜めくりの回数が紙の楽譜の2倍になることです。紙の楽譜は見開きなので、譜めくりは2ページごとですが、電子楽譜は画面が小さいので1ページごとに必要です。

しかし、この問題は譜めくりペダルを使用することで解決できます。譜めくりペダルを使えば、足で簡単にページをめくれます。

演奏のどのタイミングで譜めくりをするか悩む必要はありません。譜めくりペダルを使えば、紙の楽譜の時よりも演奏に集中できます。

タブレット用ペン:練習効率の向上

タブレット用のペンを使用すると、気軽に電子楽譜に直接メモを書けます。紙の楽譜にメモする場合、譜面が文字だらけになって楽譜が見にくくなる場合もあります。しかし、電子楽譜ならメモするだけでなく、メモを消すこともかんたんです。

レッスン時のアドバイスや注意点などを書き込むと重要なポイントをすぐに確認できるので、練習が効率的になります。

メモするようになってから、上達スピードが上がりました!

まとめ:電子楽譜を使って新しいピアノライフを送ろう

電子楽譜の始め方_まとめ

ピアノの楽譜は、大きく重いので、保管場所や持ち運びに悩むことがあります。特に、多くの曲に挑戦しようとすると、新しい楽譜を購入するたびにこれらの問題は増える一方です。この悩みに、効果的な解決策があります。

タブレット1台で、無限に楽譜を持ち歩ける毎日を想像してみてください。電子楽譜は、1台のタブレットに楽譜を取り込んだり、オンラインで新しい楽譜を購入できます。

電子楽譜は持ち運びの快適さに加え、メモ機能や自動譜めくり機能など、ピアノの練習をより効率的にする機能が満載です。これらの機能は、様々な曲に挑戦し、ピアノを上達したい方に理想的な選択肢になるでしょう。

毎日のピアノ練習は電子楽譜を使っています。

電子楽譜なら、間違いのクセや気付きなどはすぐにメモできるので、ピアノの上達スピードが速くなるのも実感できるでしょう。

電子楽譜を始めるのに必要な装備は次の3つです。

  • 楽譜を表示するためのタブレット
  • 電子楽譜専用のアプリ
  • 譜めくりペダルなどのアクセサリ

電子楽譜を始める第一歩として、適切なタブレットを選び、専用アプリをダウンロードしましょう。また、譜めくりペダルやタブレット用ペンなどのアクセサリも、演奏中の操作性や練習効率をさらに高めるために有効です。

今こそ、新しい演奏ライフをスタートさせ、ピアノ演奏の常識を変える時です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\「タブレット×アプリ」をチェック/

スクロールできます
ぷりんと楽譜電子楽譜カノンPiascoreforScoremobileSheets
対応
タブレット
iPad/AndroidiPadiPadiPadiPad/Android
楽譜
取り込み
8つまで無料
楽譜の購入27万曲以上8000曲以上
その他1曲購入可能
サブスクあり
(楽譜見放題)
1曲購入可能
サブスクあり
(お得に購入)
楽譜の購入できる
(楽譜販売も可能)
有料版のみAndroidで楽譜を取り込める数少ないアプリ
1カ月無料で試す1カ月無料で試す

この記事を書いた人

ピアノ歴30年以上!
4歳からピアノを習い始め、会社に入って10年以上たった今もピアノ継続中。
2週間に1回レッスンに行っています。

ピアノは100歳になっても続けれらるので、私の一生の趣味になると思います。
このブログではピアノに関して、私の経験やおすすめ情報を紹介しています。

目次